• GD-001
  • GD-001
  • GD-001

ToeGrips

¥3704(税抜き)

欧米で大人気のワンちゃん用介護グッズ!

ご購入はこちら

こんにちは。 大津市のみらい動物病院です。 さて、ペットも高齢化が進み様々な面で、人と同様に介護が必要なケースが増えています。 その中でも関節疾患による足腰の衰えや、椎間板ヘルニアによる後ろ足の麻痺、股関節や膝の脱臼などは、日常生活を送るだけでも非常に不自由することが多いのです。 当院でも、 『なるべく足腰に負担をかけずに生活させてあげる方法はありませんか?』 と、よく質問を受けるのですが、床を滑りにくい材質にする、立ち上がる時に補助をしてあげると、 いうような、一般的な回答しか出来ませんでした。 しかし、今回当院が西日本で初めて取り扱いを始めたToeGripsというグッズは、画期的です。 爪にはめるだけの簡単装着なのですが、フローリングなどでも驚くほど滑らないので、ワンちゃんも非常に快適に過ごすことが出来ます! 百聞は一見に如かず、次の動画をご覧下さい。
このように、ToeGripsを装着するだけで、快適な生活を送ることが出来るのです。 ワンちゃんの大きさによってサイズが異なりますので、爪の外周を測ってください。 測定方法動画 ↓↓↓
大きさを測るポイントは、 ・爪の中央部で測る(先端でも根元でもなく中央です) ・3本の爪の外周を測り、その平均値のサイズを選ぶ という事です。 では、実際に私も使用してみました。 セントバーナードのバナちゃん10歳です。 大型犬の宿命である関節疾患がある為、4年ほど前から運動量がかなり落ちてきました。 ToeGrips装着前の動画
犬舎から出るのに躊躇い、また、犬舎から出た直後に滑るため、歩幅が小さくなっています。 では、ToeGrips装着後の動画です。
躊躇なく犬舎から出てきます。 滑りもない為、歩幅も大きく顔も嬉しそうですよね(笑)? 院長が飼っている11歳のゴールデンレトリバーも着けています。 股関節が悪くなってきて、立ち上がる時や止まる時に滑ってしまうため、 最近は大好きなボール遊びもしなくなっていました。 しかし、ToeGripsを着けてからは、そんなストレスもなくなったのか、ボールで遊ぼう! と、催促してくるようになりました。  

ご購入はこちら